ネットサービスの開発には、ハードウェアを制御するためのソフトウェア開発が欠かせません。ソフトウェアはプログラムによって構築できます。そのためネットサービスの開発においては、必然的にプログラム言語を操って、目的の機能を実現できるエンジニアの存在が不可欠です。

ネット開発の技術者として仕事をするなら、より多くのプログラム言語を習得した方が有利です。その中で、インターネットでのサービス提供に適したスクリプト言語として注目を集めているのがrubyです。開発における生産性が高く多くの開発現場で採用されています。そのため、ネットサービス開発のエンジニアにとって、rubyはぜひ修得しておきたい仕事に適した言語です。これからネット業界で技術者として働く事を目指すなら、このスクリプト言語はまず始めの段階で習得しておいた方が適切です。

またこの言語は理解しやすい簡潔さが魅力の一つであり、これまでプログラミング言語の勉強をしたことがない初心者にも、この言語から勉強を始めるの向いています。初心者から上級者まで便利に使えるのがこの言語が持つ魅力です。

また、知識としてこの言語を理解しているだけでなく実際の開発の経験を持っている人が技術者として活躍できる適性を持ちます。知識はあっても、実際に課題を前にした時、適切な作業ができるとは限りません。rubyによるネットサービスの開発経験が技術者として実力を認めてもらえる重要なポイントです。