近年ではrubyによる開発を行うエンジニアが求められるようになっています。実際に開発を進めていく中で、彼らに求められるスキルにはどんなものがあるのでしょうか。

rubyはWebアプリケーションの開発によく利用されています。そのため、HTMLやCSS、JavaScriptなど、Webアプリケーション開発で求められるスキルを習得しておく必要があります。それらの中でも、今回の開発で必須となるフレームワーク、Ruby on Railsの知識も必要になります。実際に開発の現場でも、このフレームワークはよく使われています。エンジニアとして働くなら、フレームワークの知識があるのとないのとでは開発に大きな差が生じます。なので、この知識は習得しておいたほうがいいでしょう。

もちろんrubyの文法を知っておくことも重要ですが、Ruby on Railsの使い方も知っておくと、就職や転職において即戦力になります。このフレームワークを使って開発すると、少ないコードで大きなシステムも作ることができるのです。初心者でも習得しやすい言語で、効率よく開発ができることから利用する企業が増えています。開発効率がよいことから、プロジェクトチームの人数を少なめにして開発することができ、一人でデータベースの設計からコーディングまで幅広く活動できます。そのため、エンジニアの開発能力が高くなっていくので、Webアプリケーションの能力も向上します。