インターネットサービスの開発では、スクリプト言語が用いられるケースが多いです。スクリプト言語は、簡潔に開発しやすいメリットがあります。コードを作成してすぐに実行できる手軽さが人気です。そのため、ネットサービスの開発において、迅速にコンパクトな処理が必要な時、rubyエンジニアは活躍できます。ちょっとした簡単な情報処理が必要な場面で、すぐにコードを作成して目的の処理を実現します。

ネットサービスの開発に携わっているエンジニアは、臨機応変にコードが作成できるかどうかが、開発現場での活躍のため重要です。また開発支援のためのツールを上手く使いこなして、さらに開発の単純化が進みます。基本部分はフレームワークで使いまわし、独自の処理だけを簡単に作成すれば、開発は短期間で達成できるでしょう。

ただし、rubyのようなスクリプト言語は、処理速度の面で劣っている問題があります。実行時には、コードの内容を分析しながら処理を進めます。このことから、高速な情報処理を必要とする目的や、高い負荷がかかる処理に対してはこのスクリプト言語を使うのは厳しいです。そのため、どのような場面でrubyが活かせるのかを判断するのも、エンジニアの活躍するポイントです。

スクリプト言語を始めとして、目的に応じ適切なプログラム言語を選ぶのが大切です。そうすると、スクリプト言語が持っている開発の効率化の効果を最大限に引き出せることにつながるのです。