将来、情報技術の分野で仕事をしたいと考えている学生は、学業と共にプログラミングの勉強にも力を入れています。しかし、熱心にプログラミングの勉強を行っていたとしても実際の仕事で通用するかどうかは別問題です。

実際の開発で用いられているプログラミング技術は、非常に高度です。そのため、十分にプログラミングについて勉強したにもかかわらず、開発の仕事に携わってみるとまったく歯が立たないといった問題があります。rubyを勉強している学生もまた同様であり、仕事でどの程度の高度なスキルが求められるのか、不明な部分が大きいです。

そこで参考として、学生の間のインターンシップ経験が役立ちます。実際にrubyでの開発現場で仕事の経験を得ることで、どの程度のスキルが必要であるのかを実感できます。初めて開発に携わってみると、学生にとってはわからないことばかりです。しかし、まだ学生の間にそのような経験ができる価値があります。どの点が勉強不足であるかを実感し、就職までの準備ができます。インターン経験を経たエンジニア志望者は、即戦力としての実力が身につけられます。

これまで職場に配属されて苦労していた技術者たちも、学生である期間で将来苦労しないための備えが整います。開発現場においても、仕事で求められる水準のスキルを持った新人がやってくるのは頼もしいです。インターンで仕事に備えた学生たちは、rubyを始めとする開発現場でエンジニアとして活躍しています。